今ある問題を知ろう!

視聴覚の問題と今のあり方

聴覚障害者向けの「字幕放送」が、地上デジタル放送の普及によって急速に身近になっている。アナログテレビでは専用の受信機が必要だったが、地デジ 対応テレビは標準機能で字幕を表示できる。障害者だけでなく、お年寄りや病院などでの視聴にも活用の幅が広がりそうだ。ただ、情報番組や国会中継など字幕 に対応しない番組もあり、字幕率は全体の半分以下。放送の“バリアフリー”には課題も多い。(三宅陽子)

字幕放送は、番組中のせりふなど を文字テロップで画面に表示するサービス。対応番組は新聞のテレビ欄で確認でき、地デジ対応テレビなら、リモコン操作で表示できる。ニュースではアナウン サーの言葉をやや遅れながら画面に表示。台本があるドラマでは、リアルタイムで複数の登場人物のせりふが表示され、音声なしで話が理解できる

字幕放送をめぐる国の指針は、午前7時~深夜0時で一部の生放送も対象に、字幕を付けられる番組にはすべて付けるよう求めている。21年度のデジタル放送 では、対象番組の字幕化率はNHK総合で52・7%、在京民放キー局5社平均で89・0%。ただ、これを全放送時間の全番組に広げると、それぞれ47・ 6%、43・9%にまで下落する。

収録済み番組の字幕率は各局とも100%近いが、苦手はやはり生放送だ。番組音声を文字に自動変換できる装置などを活 用し、話し手が限定されるニュースや、相撲、プロ野球などのスポーツ中継では字幕放送が増えているが、字幕変換装置の機能の限界がある。複数の人が同時に 話す情報番組や討論、雑音が入りやすい屋外のニュース中継などは音声情報が散乱するため、字幕は極めて困難という。

国会中継や政見放送についても要望はあるが、「政治家の発言に誤字が出れば、責任を問われる」(NHK広報部)として、字幕化に踏み切れていないのが現状だ。

人材的なハードルもある。生放送の字幕には、自動変換の誤りをキーボードで素早く修正する専門スタッフが欠かせない。各局は字幕制作を民間に委託している が、「ニュースなどは放送時間帯が集中しており、技能者は足りない状態」(日本民間放送連盟)。災害時などの緊急放送に対応するには、技能者を24時間確 保する必要もある。ローカル局ではさらに深刻だ。

ただ、放送関係者は「米国のように『誤字が多少あっても字幕をつけることが最優先』という認識になれば、状況は変わるだろう」とも話す。字幕放送の一層の充実には、社会の意識の変化という“後押し”も必要なようだ。

Business I より抜粋

pagetop